レンタルドレスの採寸方法を確認する

直接店まで行ってレンタルドレスを選ぶ場合には、スタッフが採寸をしてくれるので安心できるでしょう。しかし、インターネットで利用する場合には、直接店まで行く必要がありませんが、サイズは自分で測って選ぶようになります。この際に正しく採寸をしたと思っていても、実際にはうまく測れていなくて、サイズが合わなかったという経験をした人もいるでしょう。このようなことがないように、まずは採寸を行う場所やポイントを知っておく必要があります。

レンタルドレスを借りる場合には、着丈に肩幅、ウエストとヒップを測りましょう。次にバストですが、バストの場合には脇下とアンダーバスをも一緒に計測しておかなければいけません。
そして利用する人のサイズもきちんと測る必要があります。採寸をするときには、きつすぎず緩すぎずが基本です。ギュッと締め付けてしまうとサイズが小さくなってしまい、後から着られなくなるというトラブルに繋がりますし、緩すぎるとブカブカになってしまうでしょう。自分の体を測ったら、借りるレンタルドレスは採寸したサイズよりも3センチぐらい余裕を持ったサイズが最適と言われています。

採寸方法を知っていれば、インターネットからでも安心して借りられるでしょう。しかし、最初は失敗してしまうこともあるので、できれば店に行って採寸をしてもらう方法を検討しましょう。